エッセイ

お金と時間どちらが大切なのか【理由も併せて解説】

お金と時間のアイキャッチ画像

お金と時間、どちらが大切なのか。

仕事をしていると、とても悩むテーマだと思います。

一般的な話、働きすぎている人は時間が欲しいと感じるし、逆に給料が少ない人はお金が欲しいと答えます。

隣の芝生は青く見えるものです。

大前提として、お金と時間は両方とも大切です。

ですが「お金と時間、どちらの方が大切なのか」という二者択一の答えを自分なりに出しました。

結論、時間です。

なぜ僕がお金よりも時間の方が大切だと思っているのか。その理由は

  1. 人生が充実し、幸福度が高くなる
  2. 大切な人と過ごす時間はプライスレス
  3. 時間は有限資産である

からです。順に詳細をお話しします。

人生が充実し、幸福度が高くなる

自由に感じる女性

自由な時間があると「人生」について考える余裕が生まれます。

自分の人生をゆったりと考えられる結果、生きる意味を見つけることができ、人生が充実すると僕は考えています。

と言いますのも、僕は大学院時代、ほぼ毎日10時間以上研究をしていました。

自分で決めたこととは言え、10時間も研究をしていると「生きる意味って何だろう」と悩んでくるものです。

正直、とても辛かった。

僕は勇気を出して研究室を一時的に休みました。

自分自身と向き合あった結果、見栄のために有名な研究室に入ったと僕は気がつきました。

大学院時代の経験から見栄を張ることを辞めようと決めました。

その結果今は大学院時代とは異なり、自由に自分らしい毎日を過ごせています。

さいた

給料は高くないものの、残業がほぼない職場に就職しました。

さらに自由時間が増える=自己決定する機会が増えたため、幸福度も向上しました。

神戸大学社会システムイノベーションセンターの西村和雄特命教授と同志社大学経済学研究科の八木匡教授は、健康、人間関係に次いで、自己決定感が幸福度に影響を及ぼすと発表をしています。

実体験からも、時間に追われていた頃よりも「今の方が幸せ」だと胸を張って言えます。

改めてですが、時間はお金には換えられないと感じました。

大切な人と過ごす時間はプライスレス

子供を方の上に乗せる男性

時間がないと大切な人(友人、仲間、恋人や家族など)と過ごす時間が減るのは想像ができると思います。

その結果、孤独感が増すだけでなく、後悔も多くなると僕は考えています。

事実として「家族と過ごす時間をもっと作ればよかった」という後悔をよく耳にします。

以上のことから、大切な人と過ごす時間は、お金には換えられない一生の財産だと強く考えています。

さいた

過去の後悔は買い戻せない。

時間は有限資産である

小さな時計を持つ人

時間はあなたの命そのものであり、有限です。

例えば、30~31歳の1年間を時間に換算すると「24時間/日×365日/年×1年=8,760時間」になります(ピンとこない数字ですが)。

言い変えると、8,760時間が経過したらあなたは、30歳ではなくなってしまいます。

どんなに地位や名声がある方でも、です。

8,760時間をどう使うかはあなた次第。

人間は幸せになるために、自分の限りのある時間を使う権利があります。

今頑張ってお金を稼ぐことも大事ですが、今しかできないことがあるのも事実。

一度きりの人生。

目の前の1分1秒を大切にしたいですね。

時間を大切に思っているからこそ、お金の勉強をしている

ここまでお金よりも時間の方が大切だという話を、理由も併せてお伝えしました。

「時間が大事なのはよく理解できたけど、もっとお金が欲しい!」と言いたくなる場合があるでしょう。

今よりもお金が欲しくなった場合、自分にこう問いかけて下さい。

そのお金は、今の貴重な時間を犠牲にしてまでも必要ですか?

この回答が「心の底からのYes」なら時間を使って稼ぐべきでしょう。

そうでないなら、一度立ち止まることをオススメします。

ここで、お金の持ちの方の事例をご紹介します。

僕は数々なお金持ちを見てきましたが、現状で満足している人は少なかったです。

つまり人は今よりもお金を稼いだとしても、すぐに稼いだ状態に慣れます。

その結果、もっとお金が欲しくなります。

お金を稼いだとしても、またお金が欲しくなる。

結局人はどんなにお金を稼いだとしても、満足できない生き物なんですね。

この事実を踏まえて僕は「最小の働き時間で、暮らせるだけのお金を稼ぐ」を意識しています。

要するに現状の生活に満足感を覚える、ということですね(足るを知るとも言います)。

実践するには、倹約や投資などのお金の知識が必要となります。

僕は自由な時間を増やしたいからこそ、お金の勉強をしています。

この価値観を押し付けるつもりはありません。

ですが「さいたの考え良いな」と思ったのなら、今後も僕と一緒にお金の勉強をして頂けると嬉しいです!

まとめ

  • 大前提としてお金と時間は両方大切だが、強いて言えば時間の方が大切
  • さいたは最小の働き時間で、暮らせるだけのお金稼ぐ
  • 時間を大切に思うからこそ、お金の勉強をする

この記事を読んだあなたの、後悔のない選択の一助となれば幸いです。

ABOUT ME
さいた
恋愛が大の苦手な個人投資家|30代男性|理系修士卒|マッチングアプリ歴4年|2023.1〜婚活再開|友人に騙され借金→リベ大で勉強→つみたて投資中|無形資産にも投資|健康第一