失敗談

【焦りは禁物】情報商材を買って失敗した話

情報商材のアイキャッチ画像

いち早く個人の力で稼ぎたい。

過去の僕はまさに稼ぎたい欲丸出しの人間でした。

当時の僕は稼ぐことに焦っていました。

焦っていた結果、僕はある方のお誘いを受け、高額な情報商材を買ってしまったのです。

その高額情報商材の金額はなんと100万円でした。

一方で中身の価値は0円でした。

まさに100万円を捨てたような体験をしてしましました。

今回は中身が無い高額情報商材を手にした失敗ストーリーと、そこから得た教訓をお伝えします。

この記事を読むあなたが、僕と同じ失敗をしないでくださると幸いです。

人生を漠然と変えたいと思う

自分の人生って何だろうな。

当時の僕は生きることに悲観的でした。

会社に行き仕事そして帰宅の繰り返しで、生きる意味を見出せなくなっていたのです。

人生に悲観している中で、会社員を辞め独立し、成功した方の記事を発見しました。

その記事を読んだ僕は「会社に頼らないで稼げたのなら、今よりも楽観的になれる」と思いました。

またこの記事を読み終えた僕は、いち早く個人の力で稼ぎたいと強く考え始めました。

そんな時、会社を退職し個人事業主になった方(Cさんと呼ぶことにします)と偶然にもマッチングアプリで知り合いました。

当時の僕はCさんと繋がることで、恋愛もできるし個人の力で稼げるかもとワクワクしていました。

僕はCさんとメッセージ交換をする中で、会社員を辞め独立したい旨をお話ししました。

悩みを打ち明けた結果、Cさんは力になりたいと言ってくれました。

Cさんの優しさに感銘を受け、ぜひお会いしたいとデートの提案をしました。

二つ返事で承諾を頂きましたが、これがまさに悲劇の始まりだったのです。

個人事業主(元会社員)のCさんと会う

僕とCさんが初めて会ったのは、高級なカフェでした。

見たことのない机や椅子、そして飲み物の値段。

こんな高いカフェが世の中に存在するのか、と驚いたのを今でも鮮明に覚えています。

お会いしたCさんは小綺麗な格好をしており、いかにもお金を持っているようでした。

そんなCさんと雑談をして、お金の話になりました。

Cさんは「会社で辛い思いをして、独立を決意した」と話してくれました。

さらに「会社員を辞めたい方の、人生を変える手伝いがしたい」とも話していました。

僕はCさんなら真剣に悩みを解決していると思い込んでしまいました。

高額な情報商材を購入し失敗

自分も独立して個人の力で稼ぎたいです。

僕はこうCさんに告げました。

Cさんはニコニコしながら、師匠に合わせてあげると言ってくれました。

僕は後日、Cさんの師匠に会うことになりました。

その師匠は笑顔で独立の素晴らしさを語っていました。

またCさんの師匠から「独立ノウハウが詰まった情報商材を100万円で販売しているけどどう?」という提案を持ちかけました。

100万円はさすがに高すぎると感じていた時、「100万円は早く回収できる」と言われました。

またこの情報商材は限定で、次に会う時には販売できない可能性がある、とも言われました。

僕は「限定」という言葉を聞いて、冷静さを失いました。

早く稼げるのなら悪くないと感じ、高額な情報商材を購入してしまったのです。

数日後、その情報商材がダウンロードできるようになりました。

僕は「これで人生変わる!」と思い、情報商材をダウンロード。

しかし僕は驚愕しました。

なぜならその中身は非常に薄く、調べればすぐに出てくる内容ばかりだったからです。

覚えている範囲ですが、情報商材の中身を暴露しますと

  • 相手との信頼関係が大切
  • 笑顔と礼儀さを忘れないこと
  • 権威性を出し、相手から尊敬されよ
  • まずは営業とマーケティング力を鍛えるべし

などが書かれていました。

しかも独立して稼ぐ方法に「自分の師匠を紹介し、師匠経由でこの情報商材を買わせること」とも書かれていました。

こんな中身のない情報商材を紹介できるわけがないと思い、僕はCさんとその師匠との連絡を絶ちました。

教訓

僕は高額な情報商材を買って失敗しました。

そこから得た教訓をご紹介します。

焦っても良いことがない

焦って何かをしようよとすると、返って失敗や損をします。

理由は焦ると冷静な判断ができなくなるためです。

僕の失敗がいい例ですよね。

冷静であれば、情報商材を購入した失敗話や、情報商材の相場などを調べてられていたはずです。

僕はこの失敗から、何か大切な意思決定をする場合、焦らずに行おうと決めました。

会社員を辞めてすぐに独立できる訳がない

ビジネスの基本のキを知らない素人が、すぐに独立して稼げるわけがないと学びました。

またすぐに独立して稼げるのなら不満を言う会社員は存在しないよな、とも思いました。

個人事業主(あるいは自営業)の方が会社員よりも少ない事実を考えると、独立は容易ではありません。

さいた

個人の力で稼ぐって、本当に大変。

まずは副業を始めその副業が軌道に乗ったら、独立をしようと思いました。

相手のビジネス内容を必ず確認する

お金を稼いでいる相手と会う前に、その相手がどんなことで稼いでいるのか必ず把握するべきだと感じました。

なぜならビジネスの中身がわからない人ほど、中身のない商材を販売している可能性が高いからです。

ですので何かを購入する時には、相手がどんなビジネスをしているのかを絶対に確認してください。

個人の力で稼ぎたい欲が強くなると、情報商材屋は近寄ってきます。ご注意ください。

質の高い情報は無料でも手に入る話

ここまで僕の失敗談をご覧くださりありがとうございました。

昔の僕は「お金を払わないと質の高い情報は手に入らない」と勘違いしていました。

ですが今はこれだけ情報開示がなされているため、質の高い情報は無料で手に入ります。

ですので何かを知りたいと考えた時には、まずはgoogle検索をして無料で情報を集めてください。

そしてどうしてもという場合に限っては、課金するのが良いかと思います。

ABOUT ME
さいた
恋愛が大の苦手な個人投資家|30代男性|理系修士卒|マッチングアプリ歴4年|2023.1〜婚活再開|友人に騙され借金→リベ大で勉強→つみたて投資中|無形資産にも投資|健康第一